アラキドン酸の脳における効果

アラキドン酸の脳における効果

アラキドン酸はビタミンFとも呼ばれていて主に肉、魚介類、卵などのタンパク質に多く含まれています。野菜類にはほとんど含まれません。

必須脂肪酸の一つであり体には必要な成分とされます。機能としてはDHAなどとともに脳の神経細胞の発達に関係していて、胎児や乳児の発達に欠かせない成分ともされています。そのため粉ミルクに配合されているものもあります。脳の神経細胞を増やすだけでなく、細胞膜を柔らかくする働きもあるそうです。

ただ最近は食生活の変化から肉類が多く食べられているため過剰摂取が懸念されています。取りすぎると、様々な癌や動脈硬化、アレルギー性湿疹、アトピー性皮膚炎などを引き起こすとされているので注意が必要です。

ただ加齢によって体内の機能が低下すると、合成能力が衰えるので食べ物やサプリメントからの摂取が必要かと思われます。研究ではサプリメントからの摂取の方が脳の神経伝達が良いという結果がでているものがあるそうです。摂取量には注意が必要なものですが、不足してしまうと脳内で情報伝達がうまくいかず物忘れをしたり、集中力が低下してしまうので注意が必要です。

そのほかの効果としては、体を調整するホルモンに作り替わるために、免疫機能を調整したり、高血圧を予防したり、コレステロールを下げるなどの効果が期待できます。この効果もやはり過剰摂取によりすべて逆に働いてしまうので注意が必要です。くれぐれも摂取量をコントロールしないといけない物質であることを忘れてはいけません。

↑ PAGE TOP