アラキドン酸の脳における効果

赤ちゃんに必要なアラキドン酸

アラギドン酸は授乳中のお母さんや赤ちゃんに必要だという事をご存知ですか。アラギドン酸とは脳の成長や発達を促すのに必要な栄養素の一つです。赤ちゃんの脳が最も発達するのが妊娠後期から2歳くらいまでと言われていますのでこの時期にアラギドン酸の摂取を心がけましょう。

アラギドン酸は肉類、魚介類、レバー、卵に多く含まれています。母乳からもアラキドン酸が摂取できるので母乳で育てているお母さんはこれらの食材を積極的に取り入れる事を心がけてみて下さい。

自分の食事にゆったり向き合うことが難しい忙しいお母さんには、アラキドン酸を手軽に摂取できるサプリメントがおすすめです。ミルクで育てているお母さんはアラキドン酸入りの粉ミルクを選んであげると良いでしょう。粉ミルクを購入するときは成分表のチェックを欠かさずに行ってください。

アラキドン酸を摂取した赤ちゃんは言葉の発達や記憶力など精神発達指数が高いというデーターもあります。アラキドン酸と合わせてDHAも摂取するとさらに発達レベルが上昇します。

赤ちゃんは自分で食事を選んだり摂取したりすることができません。脳が発達する大切な時期です。赤ちゃんの健やかな成長の為にも母乳育児のお母さんは食事やサプリメントで、ミルクの赤ちゃんは粉ミルクで効果的に赤ちゃんに栄養が行くようにしてあげましょう。

身体にいいからといってアラキドン酸の摂りすぎはアレルギー、アトピー性皮膚炎の原因になる事があります。摂取量には気を付けましょう。

↑ PAGE TOP