アラキドン酸の脳における効果

どうして?アラキドン酸サプリにDHAとEPAが含まれる理由

アラキドン酸は肉類や魚、卵やレバーに多く含まれている必須脂肪酸の一種です。学習機能や脳の働きに必要不可欠な成分で、乳児の脳の発達、学習力や記憶力の向上、物忘れの防止にも有効な成分です。さっそく試してみたいところですが、アラキドン酸のサプリメントにはDHAやEPAが含まれているものもあります。それはなぜなのでしょうか。

アラキドン酸が過剰になるとガンや動脈硬化、アレルギー疾患を引き起こすとされているます。現代の食生活ではアラキドン酸の過剰摂取になる場合があるのです。
そこでDHAとEPAの登場です。

DHAとEPAは青魚の油に多く含まれる不飽和脂肪酸です。どちらも血液をサラサラにし動脈硬化などを予防します。DHAとEPAを同時に摂ると、より効果的です。DHAには子供の脳の発達を促進し、大人には脳の働きを活性化させるという効果があります。アラキドン酸の効果に似ていますね。

一方、EPAはアラキドン酸の過剰摂取による弊害を抑える働きがあります。EPAを摂取し続けていると、細胞膜の中で過剰になっていたアラキドン酸が外に追い出されてEPAに置き換わるのです。そうすることでアラキドン酸とEPAのバランスが正常になるのです。

アラキドン酸は有効な成分ではありますが、EPAとのバランスがとても大事なのです。アラキドン酸の弊害をけん制しながら効果を高めるために、DHAとEPAが含まれているのです。

↑ PAGE TOP