アラキドン酸の脳における効果

加齢に伴って大切になるアラキドン酸の摂取

アラキドン酸は、私たちの脳の発達を促すために必要な脂肪酸です。鶏や豚、牛などの肉類や、卵、魚介類などに多く含まれており、母乳にも入っている成分です。アラキドン酸は、脳の健康に深く関わっているため、これらの食品群から摂取したり、サプリメントを利用して摂ることが大切です。

アラキドン酸は、歳をとるにつれて減っていってしまうため、加齢と伴に積極的に摂取することが必要です。しかし、ただ闇雲にアラキドン酸が含まれる食べ物を食べるだけではいけません。アラキドン酸を体内で増やすためには、注意することが2つあります。

1つめは、DHAと一緒に摂ることです。アラキドン酸は、魚などに含まれているDHAと一緒に食べることによって、取り込み量が増えることが、ある研究で証明されました。よって、魚介類とアラキドン酸の摂取量を考えて、毎日の献立をたてることが大切です。

2つめは、魚や卵、肉など様々な食べ物からアラキドン酸を摂取することです。魚ばかり、肉ばかりと偏った食事をしていると、アラキドン酸を効率的に増やすことができません。様々な食べ物から動物性脂質をとることが、アラキドン酸を増やすことにつながるのです。

では、アラキドン酸はどのくらいの量が必要なのでしょうか。一般的な食事をしている場合、アラキドン酸は1日に150㎎程度とることができています。毎日の食事で、卵やレバー、魚介類などが不足しがちな場合は、サプリメントなどを利用してアラキドン酸を取ることが大切です。

↑ PAGE TOP