アラキドン酸の脳における効果

赤ちゃんの成長に大切なアラキドン酸

「すくすくと健やかに成長してほしい」これは、親になったら誰もが思うことではないでしょうか。赤ちゃんの健やかな成長を願うのであれば、脳の発達のポイントとなる赤ちゃんに必要不可欠なアラキドン酸に注目してみましょう。

アラキドン酸は、脳の神経細胞などを構成する脂質の1つで、細胞膜や皮膚、脳などの組織に存在しています。人間の体の中で一番アラキドン酸が多いのが脳です。

では、赤ちゃんの脳の発達に欠かすことができないアラキドン酸を、どのように摂取すれば良いのでしょうか?赤ちゃんは生後5か月頃の離乳食が始まるまでは、お母さんのおっぱいや粉ミルクから栄養分を吸収します。母乳で赤ちゃんを育てている場合と粉ミルクで育てている場合とに分けて、アラキドン酸の摂取方法をご紹介しましょう。

母乳にもアラキドン酸は含まれているのですが、さらに増やすためには、母乳のもととなるお母さんの食事に注意することが大切です。アラキドン酸は、豚や牛などの肉類や卵、魚介類に含まれています。1週間の献立を立てるときには、魚、卵、肉のバランスを考えて主食をつくるようにしましょう。また、アラキドン酸をサプリメントでとる方法もあります。

粉ミルクの場合は、成分表示に注目してみましょう。アラキドン酸が含まれているものが多く販売されています。また、アラキドン酸は、DHAと合わせてとることで増加させることができるため、その2つの成分が入っているものを選ぶようにしましょう。

↑ PAGE TOP