アラキドン酸の脳における効果

40歳過ぎたら、アラキドン酸不足にご注意!

アラキドン酸は、不飽和脂肪酸の1つで、ビタミンFと呼ばれる必須脂肪酸の一つです。植物にはほとんど含まれず、人体内では生合成されない脂肪酸ですので、食物から摂取しなければなりません。アラキドン酸は、主に、肉、卵、魚、母乳などに含まれていますので、それらを摂取することで自身の体内に吸収します。

アラキドン酸は、乳児の脳や身体の発育に必要不可欠で、記憶力にも関与し、免疫機能の調節効果もあります。乳児は食物から摂取することができないので、母乳やアラキドン酸配合の粉ミルクなどで摂取することが必要となります。

アラキドン酸には、脳神経細胞の情報伝達をスムーズに行う役割もあり、「考える」「思いだす」という行為にも重要な成分で、不足すると、物忘れが増え、人の名前がすぐに出てこなかったり、物覚えも悪くなったりします。集中力も低下すると、学業や仕事に悪影響も及ぼしますので、しっかりアラキドン酸を摂取する食生活にしていくことが望まれます。高血圧の予防や、コレステロール値を下げる効果もあります。

年齢を重ねるほどに体内量が減少していくことがわかっているので、特に、動物性脂質の摂取量が減りだす40代以上の中高年の方は、バランスの良い食事を心がける必要があります。

アラキドン酸は高齢者が摂取するイメージですが、老若男女バランスの良い食生活は基本です。好き嫌いが多い方やダイエットなどの偏った食生活になりがちな方は、食生活を改善していく必要があり、その上で、不足分をサプリで接種を補っていくとよいでしょう。

↑ PAGE TOP